着ごこちのいいくらし
HOME > 着ごこちのいいくらし > 着ごこちのいいくらし訪問 > 『丘の上の薪ストーブの家』

『丘の上の薪ストーブの家』


家を建てる際「お日様が入り明るくて、開放感いっぱいの家がいい。そんな想いで探しているうちに、気がつけばたんぽぽホームさんが建てられた実際住まわれる家ばかり見に行っていました。見学した家はそれぞれに住む方の想いを上手に取り入れてあり、くらしに対応できる間取りと、素材がとてもここちよく『自分たちの想いを実現できる!たんぽぽホームで建てよう。』と家族で決めました。」

住まいづくりで一番印象深いのは、全てを一緒に考えて行く事。
「間取りを何パターンも何度も、平面だけでなく、くらしがわかるようにいろんな提案とアドバイスをしてくれました。」こだわった外観とグラデーションの洋瓦もお気に入りで、住まいをとても満足されています。

この家に住み始めて「充実感があり、毎日を家族と楽しんでいます。特に休みの日は時間がもったいない。」と前より早起きのご主人。

「近所のひぃおばあちゃんも、よく遊びに来るようになり、一番くつろいでいます。また、子供たちは自分たちの家、部屋ができて、お友達をよく呼ぶようになりました。それぞれの部屋につけたロフトの小窓から入る朝日がここちよく、毎日がとても楽しそうで、元気ですよ!子供たちも薪ストーブをつけられるので、今年の冬は陣地取りがマイブーム。近所からもらったお芋を焼いて食べたり、家全体を暖めてくれたり大活躍でした。」一年の四季を通し、自然を上手に生かしながら、自分たちの”着ごこちのいいくらし”を満喫されています。


家全体がつながりのある空間。「薪ストーブの薪取りに、近くの山におやつ持って行こうか。」玄関先でお出かけの家族会議。


家族が集まるLDKは、奥様が家事をしながら広めのキッチンカウンターで子供たちはお勉強。多目的に使え「家事をするのが楽しいんですよ!」と奥様。


◆07:30--カーテンを開けると、部屋いっぱいにふりそそぐお日様がとってもここちいい。リビングから吹抜けを通して2Fに声が届く。みんなそろって家族での朝食。

◆09:00--ご主人は子供たちと野球。その間に奥様はお掃除。みんなが帰ってくるまでに、お昼の準備もしなくっちゃ!

◆13:00--食事をすませたら、家族みんな外でまき割り。体を動かし、風がここちいい。

◆15:00--奥様手づくりドーナッツでティータイム。今日は天気もいいからデッキでいただきます。あらら〜、知らないうちに、みんなお昼寝しちゃった。

◆20:00--リビング、ダイニングで家族のくつろぎタイム。オレンジ色の照明がおちつくやわらかな光の中、子供たちはのびのび、ご夫婦はコーヒータイム。



広いお庭とデッキもくらしの一部。「家庭菜園の野菜を使ってバーベキューしたり、庭にテントを張ってキャンプしたり、これからのくらしを計画するのも楽しいですね。」


1Fと2Fのつながりがある大空間のこの家は「家族の気配が感じられ、私たちも子供たちもいつも安心なんですよ。」と家族との楽しいくらしが伝わってきます。