HOME > OMソーラーの家
OMソーラーの家
OMソーラーの家とは OMソーラーの家
夏は夏らしく、冬は冬らしく過ごしながら、ほどほどの温かさ、涼しさを得たい。 健康的で気持ちよい暮らしが、地球への負荷も抑えることにつながる。 OMソーラーは、そんな家づくりです。 太陽エネルギーで電気をつくるのではなく、太陽の熱をそのまま使うシンプルさが特徴です。
太陽の熱を床下に蓄えるOMソーラーの家のしくみ。

夏は夏らしく、冬は冬らしく過ごしながら、ほどほどの温かさ、涼しさを得たい。 健康的で気持ちよい暮らしが、地球への負荷も抑えることにつながる。 OMソーラーは、そんな家づくりです。 太陽エネルギーで電気をつくるのではなく、太陽の熱をそのまま使うシンプルさが特徴です。

太陽の熱を床下に蓄えるOMソーラーの家のしくみ。
春から秋は太陽の熱でお湯を採る。

春から秋にかけて、太陽の熱を利用して「お湯採り」ができます。

「お湯採り」とは、熱い空気がハンドリングボックス内のお湯採りコイルの中を循環する不凍液を温め、温まった不凍液を貯蔵槽へ循環させて水を温めるしくみです。
春から秋は太陽の熱でお湯を採る。
お湯採りに使って余った熱は、排気ダクトを通り、排気口から外へ出します。屋根面の下を強制排気すると、排熱された量に比例して、室内に入り込む日射熱を減らすことができ、木陰のような涼しさにしてくれます。

春から秋にかけて30〜50℃のお湯が1日約300リットルとれます。
お風呂やシャワーに太陽の熱が使えて経済的です。

春から秋は太陽の熱でお湯を採る。
夏の夜
夏の晴れた日の夜は、放射冷却によって屋根が冷えます。この放射冷却を利用して、少しでも温度の下がった空気を室内に取り込む「夜間外気取り込み」は「冷房」とまではいかないものの、自然を生かした工夫です。
体感フェア開催中

OMソーラーの家ってこんなにうれしい

室内で起こるヒートショックの事故。交通事故よりも多い死亡事故だと知っていますか? その原因は温度差。

OMソーラーの家は全館暖房を可能にし、ヒートショックの危険の少ない安全な住まいです。

1階の床下からあたため、上下の温度差を解消します。

生まれたばかりの赤ちゃんや、まだハイハイの子どもたちが、とても過ごしやすい環境をつくります。

太陽の熱を暖房や給湯に利用するので、電気や灯油、ガスの利用を減らす事ができます。

地球、住む人、お財布にやさしいのも魅力です。

太陽光発電とOMソーラーが一緒になったハイブリッドシステム
エネルギー自給率88%を可能にできた理由・・・それは、太陽光発電だけでなく、太陽熱もムダなく利用するしくみを実現したから。 屋根の上に敷き詰めた太陽電池パネルと集熱パネルで陽射しを効率よく電気に変えながら、熱も上手に取り込んで、秋・冬・春は暖房、春・夏・秋は給湯に。 だから1年を通じて快適で経済的。オンリーワンの技術が実現した、太陽といっしょに心地よく暮らす方法です。

年間エネルギーの自給量は、国土交通省の次世代エネルギー研究事業として横浜市に作られた実証実験棟で、4人のモデル家族に実際に生活していただいた、2009年からの実証データに基づいています。
【実証実験棟の仕様】建物面積137.0u木造2階建てOM集熱面積14.3u・三菱重工製太陽電池パネル32枚(4.16kw)搭載


OMソーラーのご質問、お問い合せは右の入力フォームより、必要事項をご入力の上、送信ボタンを押してください。資料をお送りします。

※ご入力いただいた個人情報は、弊社プライバシーポリシーにのっとり、適正に管理いたします。
※休日などによりお返事が遅れることがございます。
 予めご了承ください。

入力フォームがご利用になれない場合には、入力フォームの内容を記載し、info@tanpopohome.netまでメールにて御連絡ください。
■お名前
■郵便番号
■ご住所
■電話番号
■E-mail
■コメント

育む家
着ごこちのいいくらし
たんぽぽブログ
ポポエコ